大和当帰

image

写真は玄関先にある『大和当帰』です。
昨日お食事処やくぜんにやって来ました。

ヤマトトウキはセリ科の多年生植物で、その根を乾燥させた『当帰』は多くの漢方薬に使われています。
婦人薬の代表的な生薬で、血の道症などに効果があり、体を温めます。当帰芍薬散などが有名です。

トウキの根は医薬品になりますが、葉は食用として利用できます。

品質の良いとされている大和当帰の栽培が少なくなってきていたことから、数年前から奈良県内でのトウキの栽培復興が取り組み始められました。

やくぜんではこの『大和当帰』の葉を積極的にお料理に使用していきたいと思っています。
早速、新鮮な大和当帰の葉を天ぷらにしてお出ししていますので、是非ご来店下さい!!
お待ちしておりますm(_ _)m

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ